悉皆屋ロゴ見出し[誂京染イメージ]
更新履歴イベント情報リンクサイトマップ越村染工場お問合わせ先
トップページへ
きもの生活
着物ことば辞典
着物を語ろう
着物クリニックメニュー
着物トラブル対処法
お手入れの仕方
着物なんでも相談
誂京染って、なに?
悉皆って、なに?



悉皆屋-着物なんでも相談-
着物なんでも相談見出し

*着物に関する雑談や情報は「着物を語ろう掲示板」へお願いします。
*価格に関するお問い合わせはメールまたは「お問い合わせ」からどうぞ。
*書き込みの内容によっては管理人の判断によって削除する場合がございます。ご了承ください。


着物なんでも相談 -入力フォーム-

お名前:

<全角>

タイトル:

<全角>

メールアドレス:

<半角英数/
空欄可>

  MEMORY:  削除用パスワード:

文字色:

  黒   灰色   深緑   紫  
  緑   濃紺   水色   赤  

本文:


   
着物なんでも相談′ウ記事内容-

【809】 家紋

 

[お名前] まゆ

[書込み時間] 2018/11/07/(Wed) 13:13 

早々にご返答いただきありがとうございます。
家紋が入り混じるというのがどうかと気になっておりましたので、もう少し大雑把に考えてよいというご意見感謝します。

主人の祖母の黒羽織はとても洒落ていながらも落ち着いた感じで素敵なのです。
私の母のものは若い時分に作ったのでしょう。当時の流行に乗った短めの丈で私には少々短いのです。今回これを活かせるのがとてもうれしいです。

自分でも着てみて昭和の母みたいだなーと思いながら袖の長さを確認のために昨日着てみたところでした。私が子供の頃の卒入園の頃は母親はからすの群れでした。今は確かに見ませんね。おそらく周囲のママ友たちも北海道で育った若い世代も多いですから「昭和レトロ」といっても判らないと思います。

着物のルールに目くじらを立てる方、けっこういらっしゃいます。
着物を生活の中で着てきた人にとっては、寒けりゃ袷、暑けりゃ単、っていう感覚なのは判るしそれが当たり前だとは思うのですが、着慣れない者にとってはドキドキしてしまいます。
自分でも早朝から浴衣姿の若い女性を見たりすると違和感を感じてしまうので。(これもいろんな考え方があるのも承知の上ですが)

今回は脱がない前提で羽織を着る予定でおりますが、もし脱ぐような場合はいかがなものでしょうか?
紋付を着るのは親族の集まる場がほとんどだと思うだけにご意見をお聞かせください。



削除用パスワード:

【809-1】 悉皆屋主人からの回答

 

夏の京都は真っ昼間から観光客が浴衣でウロウロしています。「温泉街じゃないんだから…」って、私も違和感覚えますが、口には出しません。

色留袖の使いどころですが、羽織でごまかすということなしに、そのままの装いで人前に出るとなると、やはり仰々しくなってしまいますね。しかも五つ紋となると。

お子たちが小学生なら、甥姪世代がこれから婚礼というところでしょうか。
今後叔母として出席する機会が多そうであれば、その時の為に残しておけばいいと思いますし、イヤイヤそれはない、むしろ親として自分の子供の婚礼に出るというのであれば、黒に染め替えるという手もあります。

紋については、地域差があって、一概にこうとは申せません。
関西は「女紋」といって、母から娘に受け継がれる紋があります。
・婚礼が決まる前から準備ができる
・不縁になってもそのまま使える
・母の着物を受け継ぐことができる
など、合理的。
蔦や五三ノ桐などが多いです。

一方婚家の紋を付けるべきという地域もあり、どこでどんな縁が生まれるかわからない昨今、色々悩ましいところですね。
そんな事情を背景に、「私は紋にはこだわらない」という層も一定数あるようです。紋付の古着なんかもそのまま着てしまう。一度石持(紋を入れるべき場所を白く丸く染め抜いてある)のまま、紋を入れずに留袖を着ている人を見かけて、腰を抜かしそうになりました。

浴衣の着用時間帯がルーズになっていったように、紋についても「あまり難しく考えないでおこうよ」という風潮が広まっていくのでしょうか。


【808】 卒業式の着物

 

[お名前] まゆ

[書込み時間] 2018/11/06/(Tue) 12:24 

初めまして。着物について調べていてこちらにたどりつきました。
質問にお答えいただければ幸いです。

来年3月に娘の小学校の卒業式があります。
その時に着る母親(私)の服装についてです。
娘には私の母の着物に袴を合わせて着せる予定ですので、母親も和装の予定なのですが、手持ちの着物の中に五つ紋の色留袖があります。
主人は普通のサラリーマンなので、叙勲などは縁がありませんし、結婚式に参列するような身内もありません。
なので、五つ紋はさすがに着る機会がないと思っているのですが、こういう着物に黒羽織をあわせるというのはおかしいものでしょうか。

一つ紋の縫い紋の羽織(ミツガシワ)があるのですが、これがまた主人の祖母の遺品になるため実家の紋(下がり藤)が入った色留袖にあわせるのはおかしいでしょうか。
黒紋付の羽織は式場で脱がなくても良いと思うので、隠しておけばよいものなのか、通常は格を上げるために用いたものだけに色留袖に合わせるのはおかしいのかご意見をお聞かせください。

尚、こちらは北海道なので、周囲にあまり着物に詳しい人はおりません。
今年息子の入学式で着物を着ていた人は私の他4人ほど。100人ちょっとの入学者にしては少ないと思います。
その時着た着物は雪交じりの天気だったため、ポリの色無地紋付(一つ紋)にしましたが、卒園の時には江戸小紋の一つ紋にしました。他にも地味目な訪問着もありますので、これらを着用したほうが良いのかもしれません。
が、親族をしつけ糸つきで回ってきた五つ紋の着物をなんとか活用する方法はないかと思ってご相談しました。

よろしくお願いします。



削除用パスワード:

【808-1】 悉皆屋主人からの回答

 

まず思うのは、入卒付き添いの装いにそこまで神経質にならなくてもいいんじゃないかということ。
これが婚礼とかもっと大げさな式典とかだと、自分の立場やら周囲の目やら気にしなければなりませんが、入卒の、それも付き添いですから、もうちょっとユルく考えてもいいと思います。

私も現在中高生の子供がおり、最近小学校の卒業式を経験しています。京都はもうちょっと着物率が高いですが、小紋から色無地、附下、訪問着と色々です。それも羽織着用は皆無であったように思います。
私達の子供時分(昭和40年代まで)なら色無地に黒絵羽というのが、入卒付き添いの定番スタイルだったんですけどね。

色留袖+黒絵羽
いいと思いますよ。むしろ小紋より色留袖をお勧めしたいぐらい。
正装の上に略礼装を合わすわけですから、本来おかしな取り合わせですが、ご自身そのことはご承知なわけですし、「脱がなきゃわからない」とおっしゃるその通りだと思います。知識としては正しいことを知っている。しかし今回は敢えて外している。そのことが自分でわかっていれば、それでいいと思います。
五つ紋を帯付き(羽織非着用)でっていうのは、仰々しすぎて却って滑稽な。羽織着用が適当でしょう。

TPOに関する質問はよく受けるのですが、気にかけたいのは「着物警察」と揶揄される、他人の着こなしに難癖つけるたちの悪い半可通です。着物警察のおかげで着物嫌いになる人もいるらしく、我々としても困った存在だと思っています。
小学校の卒業式でしたら、周囲はほとんど「ママ友」であろうと思いますし、卒業生のおばあちゃんや来賓に少々小うるさいのが居ても、他人の装いに構ってる間はないと思います。堂々としてりゃいいです。


【807】 お返事いただいてありがとうございます

 

[お名前] きょん

[書込み時間] 2018/09/02/(Sun) 11:04 

お返事ありがとうございました。

やはりダメなんだと思い、購入店へ連絡しました。

すると、格が高いからと言って失礼には当たらない。
友人の結婚式でも失礼ではない、と…
呆れてものも言えませんでした。
私の言いたいことはまるで通用せず、ほんとに着物について知識のある人かと思います。

返品したい旨を伝えたら交換なら、ということで、もう行きたくはないですが、来週交換することになりました…

そこでなんですが、訪問着で注意すべき点はありますか?ちなみに25歳未婚です。本来なら振袖の方がいいことは重々承知の上で訪問着を選ぼうと思っております…
重ね重ね申し訳ありませんが、ご教示いただければ幸いです。



削除用パスワード:

【807-1】 悉皆屋主人からの回答

 

困った販売員ですね。
お友達に対しての失礼はないにしても、他の目上の出席者の方に対して失礼になります。主賓格の人より格上の装いをするわけにはいきません。
着物はTPOが難しいの何のって、よく耳にする言葉ですが、逆に言えばそれを知ってさえいればいちいち迷わなくても済むのです。

お立場がお友達なんですから、そんなに難しく考えることはないです。招待客としては最も格下でしょうから、少々遊びがあっても構わない。
ただし度が過ぎると格がどうこうより、品位の問題になってきますから、注意するとしたらそういう点でしょうか。
遊び感覚の強いもの、モダンなもの、色使いの暗いもの、「美しい」よりも「かっこいい」というセンスのもの。そういったものは水商売、芸能人っぽくなるので、結婚式に着るものとしては品を欠きます。
少しばかり大胆さがあってもいいと思いますが、品位、品格が感じられるものがいいです。

また、逆におとなしすぎてもつまらない。
ぽんぽんと柄が飛んでいるような附下は華やかな披露宴の場にはいささか貧相です。

訪問着と附下は、明確な線引きがあるわけじゃありませんが、おおよその柄の付け方で区別されます。左メニューの「着物ことば辞典」から「訪問着」「附下」をそれぞれ見てください。


【805】 友達の結婚式に…

 

[お名前] きょん

[書込み時間] 2018/09/01/(Sat) 21:20 

はじめまして、どこに相談していいか分からずここへたどり着きました…

友達の結婚式が今月あり、訪問着をきたく買いに行きました。中古で購入した着物は、合わせる時にそこの年配のスタッフに友人の結婚式で着ていく旨を伝えて、これぴったりよ!と言われ購入したのですが、調べれば調べるほど、場違いな気がしてなりません…

というのも、中古の着物ですが紋が三つはいっており、色はグレーとアイボリーの中間(着物白は結婚式ではご法度ではないと確認していた為、気に入ったのもあり購入しました)無知で申し訳ないのですが、多分比翼もついています。訪問着と思って購入しましたが、胸や、袖の部分に柄はなく、色留袖の部類になると思いました。。

これでは地味ですし、親族の方が着る着物のような気がします…
やはりやめた方がいいですよね…



削除用パスワード:

【805-1】 悉皆屋主人からの回答

 

やめたほうがいいです。

それは間違いなく色留袖です。
やや血の薄い親族や直属の上司、或いはその妻あたりが着用するのが適当です。
色留袖は一つ紋で作られることが多いのですが、三つ紋となると更に格上です。

「売らん哉」でテキトーなこと言って売りつける販売員が業界全体の不信感を招いています。残念でなりません。

あと白はご法度ですよ。
たぶん「法度」の意味の思い違いだと思いますが、「法度」とは「禁止事項」のことです。


【804】 戦後婦人着の「文化コート」

 

[お名前] 伊藤 正房

[書込み時間] 2018/08/06/(Mon) 15:27 

昭和30年代まで、婦人シニアの外出着だったようですが、すでに消えてしまった用語でしょうか。エプロン・みちゆきのような筒袖だったとおもいますが、由来がわかればご教示ください。



削除用パスワード:

【804-1】 悉皆屋主人からの回答

 

「文化コート」とは、その語すら初耳です。すいません勉強不足で。ですから「消えた語か」という質問に対しては「はい」ですね。

由来についてもわかりません。
「文化包丁」「文化帯」など、「文化何々」という命名については戦後の香りがしますし、「新工夫があるよ」というアピールに思えます。

まだまだ和装が実生活のものだった時代は、商品も豊富で、防寒着もバリエーションが豊富でしたね。ドルマンコートなど今でも素敵だなと思います。






[着物クリニック] [きもの生活] [着物なんでも相談] [着物を語ろう]
[リンク] [イベント情報] [越村染工場について] [ご連絡先]


Copyright © 2003, Koshimura Dyeing Co.,Ltd., All Rights Reserved.