悉皆屋ロゴ見出し[誂京染イメージ]
更新履歴イベント情報リンクサイトマップ越村染工場お問合わせ先
トップページへ
きもの生活
着物ことば辞典
着物を語ろう
着物クリニックメニュー
着物トラブル対処法
お手入れの仕方
着物なんでも相談
誂京染って、なに?
悉皆って、なに?



悉皆屋-着物なんでも相談-
着物なんでも相談見出し

*着物に関する雑談や情報は「着物を語ろう掲示板」へお願いします。
*価格に関するお問い合わせはメールまたは「お問い合わせ」からどうぞ。
*書き込みの内容によっては管理人の判断によって削除する場合がございます。ご了承ください。


着物なんでも相談 -入力フォーム-

お名前:

<全角>

タイトル:

<全角>

メールアドレス:

<半角英数/
空欄可>

  MEMORY:  削除用パスワード:

文字色:

  黒   灰色   深緑   紫  
  緑   濃紺   水色   赤  

本文:


   
着物なんでも相談′ウ記事内容-

【682】 AUbcshVvKauEGhqCW

 

[お名前] Jonas

[書込み時間] 2020/01/19/(Sun) 10:48 

Free medical insurance https://www.drugonsale.com/ kamagra He said he had met with technology staff at 60 companies invarious industries and none had a strategy of adding moreBlackBerrys to their mobile device fleets. Redman's own companyhas limited capacity to handle Blackberry devices.



削除用パスワード:

【681】 螺鈿の剥離

 

[お名前] ツノダミキ

[書込み時間] 2018/12/21/(Fri) 14:51 

螺鈿が剥がれかけています
修理可能でしょうか
模様は蝶の羽の部分で大きさは1p弱×1p弱
半分めくれかけてる感じです
可能でしたら大体の金額も知りたいです



削除用パスワード:

【681-1】 悉皆屋主人からの回答

 

修復できます。
剥がれかけているのを戻せるのか、剥がしてしまって新たに貼りなおすのかで値段が違います。
大抵は縁の引っかかりがないように盛金(盛り上がったような金加工)で縁取りがしてあるはずです。そこまできちんとします。

値段はここではお答えしないようにしています。
受注の為のサイトではないのと、費用は一点一点症状によって異なりますので、ご覧になった第三者の方が一律に思われても困るからです。

メールで返信いたしますが、ケータイのアドレスですね。@shikkaiya.jpからのメールが受信できるようにお願いします。または改めて弊社メアドにご連絡くださいませ。詳細は上部メニュー「越村染工場について」から。


【680】 母の着物

 

[お名前] のりこ

[書込み時間] 2018/11/24/(Sat) 10:29 

身近に相談できる人がいなくて、色々探していてここにたどり着きました。よろしくお願いします。

先月母を亡くしました。
形見の着物を整理しており、ほとんどは二束三文で古着屋に買い取ってもらいましたが、これはと思う何枚かは手元に残しました。
そのままタンスの肥やしにするのは望むところではなく、自分が着ることが母にとっても着物にとっても喜ばしいことと思っています。
しかし、なにぶん古いもので、染みがあったり、柄色が派手だったりして、着づらいものがあります。そちらで手をかけて頂いて着られるようになるものでしょうか。



削除用パスワード:

【680-1】 悉皆屋主人からの回答

 

それはお気の毒なことでした。

一枚一枚丹念に拝見しないとなんとも申せませんが、なんとかなると思います。
シミについては、シミ抜きすればいいと考える人が多いのですが、古いシミはそれは汚れだけではなく、その汚れによって生地そのものが変色してしまっていますから、洗浄しても取れません。部分的に漂白するんですが、シミだけが抜けて、地色が無事ということはありません。そこだけポコンと白くなってしまいます。そこへ元通りに色を嵌め直すのが補正士の腕です。
しかし、生地が弱っていることも多く、漂白するとその部分がボソッと抜け落ちるリスクもあり、古いシミは手がつけられないケースも多いです。
そういう時は柄を描き足したり、金加工を入れたりしてシミを覆い隠してしまいます。
当然違和感のないように、元の柄と似せて描きます。
しかし、シミの場所によっては柄があること自体不自然なこともありますので、現物を見ながらあれこれ思案します。

柄色も直せます。
お母様の着物で派手ということは、若い頃に造られたということでしょうか。古い着物にはクリーム地に真っ赤な花が描かれたものなどよくありますね。
赤いものを青くすることはできませんが、暗い色にすることはできます。しかし、地色が薄色で、花が赤黒い色になると、かえってどぎつい感じになります。そういう場合は薄く渋い金砂子を振ります。すると落ち着いた茶っぽい色になって、彩色するより結果がいいです。これもケースバイケースなので、拝見した上で思案を重ねたいです。

見積りは無料です。往路の運賃だけご負担ください。
送付先については上部メニュー「越村染工場について」からどうぞ。


【676】 和田光正さんの付け下げ

 

[お名前] 金田優子

[書込み時間] 2012/12/17/(Mon) 22:00 

和田光正さんの付け下げを8年前に作りました。
その後太ってしまって、身幅出しをしたいのですが、柄合わせをしてあるので、柄が合わなくなります。
まだ一度も着ていないので、初釜に着たいと思っています。
ちょっと無理をしてもこのまま着る方がよろしいでしょうか。
嫁入りに持ってきた付け下げは柄は合っていませんが身幅出しをしました。



削除用パスワード:

【676-1】 悉皆屋主人からの回答

 

金彩ですね。ちょっと難しいかもしれません。
友禅ものなら染料なので調合して色合わせができますが、金彩は同じ材料を買い揃えないといけないのと、同じ材料を使ってすら、経年変化で古いものはくすんだり黒ずんだりしますので、新しいものと色や光沢が違ってきます。

次善の策としては、柄がプッツリ切れているところだけ継ぎ足して、ほかは柄が合ってなくても我慢する。
これだと、新たに足す部分が少ない(と思われる)ので、脇だけ他と色が違うということは避けられます。

ところで初釜となると、日がありませんよ。
年内は年内納めの仕事で手いっぱい。職人も正月は休みますから、正味年明け1週間ほどしか時間がありません。


【675】 留袖の比翼部分が

 

[お名前] 福原 景子

[書込み時間] 2012/11/16/(Fri) 09:55 

初めてサイトを訪問させていただきました。
処分を検討している留袖のことで質問です。

比翼仕立てなのですが、先日長い間閉まったきりだったので、陰干しして風を通して、樟脳のにおいもなくなって、いざ起用としましたところ、比翼部分以下が延びた?状態になってしまいました。

裾が長くて着物の裾より5センチくらい出ておりました。撮り合えず、結婚式に参列のため、上げをして着ましたが、どう直せば良いのかわかりません。
直せるものでしょうか?



削除用パスワード:

【675-1】 悉皆屋主人からの回答

 

虫干しによって伸びましたか。それとも虫干しで気づいたのであって、タンスの中ですでにそういう状態でしたか。比翼に使う生地はそうそう伸びるものではないので、逆に表地が縮んだのじゃないかなと思っています。撚りの強い生地は湿気を含むと縮みます。

表地が縮んだのであれば、着用後でもありますから、丸洗い(生洗い、ドライクリーニング)に出して、その際表地が縮んでいる旨お伝えになられれば、プレス仕上げの際に引っ張りながら仕上げをしてくれます。若干の割り増し料金を取られるかもわかりませんが、ビックリするような金額ではないでしょう。それは承知しておいてください。

比翼地が伸びたのであれば、これは仕立てで直さないといけません。和裁士さんにご相談ください。表地に縫い付けている位置を上げられれば簡単なのでしょうが、衽も衿もひと続きになっていますから、そういうわけにはいかないだろうと思います。






[着物クリニック] [きもの生活] [着物なんでも相談] [着物を語ろう]
[リンク] [イベント情報] [越村染工場について] [ご連絡先]


Copyright © 2003, Koshimura Dyeing Co.,Ltd., All Rights Reserved.